挿絵画家の署名図典
by bookcoverman


カテゴリ:かきくけこ( 13 )

小林泰彦

こばやし・やすひこ
1935年東京都
兄は小林信彦。東京芸術大学美術学部卒、同大学院鍛金専攻科修了。1967年、「平凡パンチ」ではじめた「イラスト・ルポ」で人気を博し、人気イラストレーターになる。

◯『ヒッチコックマガジン』昭和三十六年10月号より
b0117993_17321931.jpg

b0117993_17321069.jpg

b0117993_1732057.jpg

b0117993_17314732.jpg



◯『宝石』昭和三十六年一月号より
b0117993_2139694.jpg

b0117993_21391784.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2012-09-16 17:32 | かきくけこ

木俣清史

木俣清史は戦前の挿絵界の重鎮

島田一男「婦鬼系図」挿絵、『宝石』四巻五号、一九四九年五月一日号
b0117993_1713697.jpg


b0117993_1711927.jpg


b0117993_1711053.jpg


b0117993_171085.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2012-02-13 17:03 | かきくけこ

梶田半古

かじた はんこ

1870年7月23日 東京下谷御徒町生まれ
1917年4月23日

巌谷小波編『日本お伽噺第三編 玉取 羽衣』博文館、明治40年11月25日15版より(初版明治30年4月7日)

b0117993_15372851.jpg

b0117993_15362831.jpg

b0117993_15361553.jpg

b0117993_1536029.jpg

b0117993_15354078.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2011-04-03 15:47 | かきくけこ

小磯良平

こいそ・りょうへい
1903年7月25日兵庫県神戸市生まれ。
1988年12月16日歿

◯『12回新制作派展』出品目録 1948 表紙

b0117993_1730278.jpg

b0117993_17284599.jpg



◯『ホームサイエンス』食品化学研究所、昭和22年3月1日発行より、表紙画

b0117993_13553269.jpg

b0117993_135544100.jpg


同誌連載小説、阿部知二「海べの女」第二回、挿し絵

b0117993_13564991.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2009-04-19 17:31 | かきくけこ

金森観陽

かなもり・かんよう
1884富山県
1932

総曲輪(そうがわ)の小出家に生まれ、幼時に金森家へ養子に入った。名は頼次郎。明治期の富山で売薬版画の下絵を多く描くなどして活躍していた尾竹国一(おだけくにかず)の弟子となり、その後大阪へ移り住み、昭和のはじめには菊地契月の画塾に入門。関西方面で活躍した。また小説『新撰組』(白井喬二著)『大菩薩峠』(中里介山著)などに挿絵を描いている。

◯『現代大衆文学全集第三十四巻村松梢風集』平凡社、1928年 挿絵

b0117993_1812777.jpg

b0117993_18122084.jpg

b0117993_18135014.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2009-03-19 18:14 | かきくけこ

北園克衛

きたぞの・かつえ
1902年10月29日三重県
1978年6月6日

詩人、写真家。中央大学経済学部卒。本名は橋本健吉。実兄は彫刻家の橋本平八。代表的な詩集に『白のアルバム』『黒い火』などがある。「Kitasono」と署名していたことから<きたその>と表記されることが多いが「ぞの」が正しい(ローマ字ではなくフランス語の署名)。周辺からは「ゾノさん」と呼ばれていた。

◯『エラリイ・クインズ・ミステリ・マガジン』4巻12号、1959年12月1日、挿絵
b0117993_1655189.jpg

b0117993_16552920.jpg



◯『エラリイ・クインズ・ミステリ・マガジン』4巻7号、1959年7月1日、挿絵
b0117993_16554784.jpg



◯『エラリイ・クインズ・ミステリ・マガジン』5巻6号、1960年6月1日、挿絵
b0117993_16574162.jpg



◯『エラリイ・クインズ・ミステリ・マガジン』6巻8号、1961年8月1日、挿絵
b0117993_1741055.jpg

b0117993_1771442.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2009-03-06 16:59 | かきくけこ

高野三三男

こうの・みさお
1900年3月30日東京府東京市深川区(現・江東区)
1979年8月15日

東京高等商船学校(現・東京海洋大学)中退、1921年本郷洋画研究所入所、岡田三郎助に師事。1922年に東京美術学校(現・東京藝術大学)洋画科入学。1924年同級生の岡田謙三や高崎剛、後に妻となる岡上りうらと共に渡仏する。サロン・デ・ザンデパンダン、サロン・ドートンヌ、サロン・デ・ナショナルなどに出品。1940年藤田嗣治とともに帰国。一水会会員。文展、日展審査員を歴任。1979年肺血腫のため品川の病院にて没。

◯『日本小説』1947年8月号 坂口安吾「不連続殺人事件」挿絵

b0117993_2159278.jpg

b0117993_2204134.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2009-02-09 21:59 | かきくけこ

木村荘八

きむら・しょうはち
1893〜1958

◯おはん 宇野千代 中央公論社 昭和32 装幀・挿絵

b0117993_17511436.jpg

b0117993_17513662.jpg

b0117993_17515678.jpg

b0117993_17521387.jpg

b0117993_1132037.jpg

b0117993_11322242.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2009-02-02 17:52 | かきくけこ

久野修


『サンデー毎日』毎日新聞社、昭和29年9月10日、より
山岡荘八「三日間の自由」挿絵

b0117993_1784519.jpg

b0117993_179246.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2008-12-31 17:09 | かきくけこ

北岡文雄

きたおか・ふみお
1918年東京に生まれる。
1936年東京美術学校油絵科に学ぶ。平塚運一と会い木版始める。
1955年仏、伊、英留学(長谷川潔に教示を得る)。フランス留学エコール・デ・ボザールにて小口木版を学ぶ。
1956年帰国後札幌に住み全道展会員になる。
1957神奈川県相模原市に転居。
1993年道立近代美術館個展。
1997年勲四等旭日小綬章受章。2007年4月22日死去

『サンデー毎日』毎日新聞社、昭和29年9月10日、より
幕内克歳「ハルマヘラ島の鬼」挿絵

b0117993_16121486.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2008-12-31 16:14 | かきくけこ