挿絵画家の署名図典
by bookcoverman


<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

松野一夫

1895年10月1日生れ
1973年7月17日死去

本名松野一男。挿絵画家。現在の福岡県北九州市小倉北区堺町に生まれる。安田稔、石橋和訓、梶原貫五に師事する。大正10年(1921)、帝展に初入選。大正11年から昭和23年(1948)にかけて雑誌『新青年』の表紙絵をほぼ一貫して担当し、「『新青年』の顔」と呼ばれた。昭和6年(1931)、渡仏して、グラン・ショエミールに通う。翌年に帰国。『新青年』で連載されたモーリス・ルブラン「虎の牙」、ジョンストン・マッカレーの地下鉄サムシリーズなどの海外小説の挿絵のほか、小栗虫太郎「黒死館殺人事件」(昭和9)、大仏次郎「郷愁」、吉川英治「特急”亜細亜”」(昭和13)など多くの小説挿絵や『少年倶楽部』などの雑誌表紙を手掛けた。

◯『東京』4巻7号、新生社、1948年8月1日 秘田余四郎「狙われた男」挿絵

b0117993_1541826.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2011-03-27 15:04 | まみむめも

高木清

◯『東京』4巻7号、新生社、1948年8月1日 田村泰次郎「妖麗花」挿絵

b0117993_14483592.jpg

b0117993_14484615.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2011-03-27 14:48 | たちつてと

陣野重晴

◯『東京』4巻7号、新生社、1948年8月1日 大下宇陀児「不思議な強盗」挿絵

b0117993_14363035.jpg

b0117993_14361513.jpg

b0117993_14422631.jpg

b0117993_14423614.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2011-03-27 14:36 | さしすせそ

田代光

たしろ・ひかる
1913 東京下谷に生れる 
1928  白日会「自画像」入選。太平洋美術学校、熊岡会画道場、太平洋画会に学ぶ。富田温一郎、石井柏亭、藤田嗣治に師事。1931 雑誌キングに挿絵を執筆「書家の妻」。二科展出品 一水会会員。

◯『東京』4巻7号、新生社、1948年8月1日 水谷準「窓は敲かれず」挿絵

b0117993_1421265.jpg

b0117993_14222439.jpg



◯『サンデー毎日』毎日新聞社、昭和29年9月10日、より
井上友一郎「天保江戸地図」挿絵

b0117993_171948100.jpg

b0117993_1720123.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2011-03-27 14:22 | たちつてと

山名文夫

やまな・あやお
1897年7月17日
1980年1月14日
イラストレーター、グラフィックデザイナー。日本のグラフィックデザインの黎明期における先駆者の一人。資生堂、紀ノ国屋のロゴ、新潮文庫の葡萄マークのデザイン等で知られる。

◯『東京』4巻7号、新生社、1948年8月1日 香山滋「双炎」挿絵

b0117993_1412432.jpg

b0117993_14122810.jpg

b0117993_14121523.jpg



◯『揺籃』8号、1923

b0117993_18171381.jpg

b0117993_18164235.jpg

b0117993_18165396.jpg


b0117993_1817347.jpg

b0117993_18174427.jpg

[PR]
by bookcoverman | 2011-03-27 14:14 | やゆよわ