挿絵画家の署名図典
by bookcoverman


中尾進

中尾進

1916-1971 昭和時代の洋画家。
大正5年5月27日生まれ。川端画学校,本郷絵画研究所でまなび,のち荻須高徳(おぎす-たかのり)に師事。新制作展,文展に出品した。戦後,新聞,雑誌で海音寺潮五郎,司馬遼太郎らの時代小説の挿絵をえがいた。昭和46年6月8日死去。55歳。栃木県出身。本名は鈴木益吉。


木々高太郎「わが女学生時代の犯罪」挿絵、『宝石』四巻五号、一九四九年五月一日号
b0117993_1753615.jpg


深尾須磨子「女性と肉体」挿絵、『性文化』第三号、1947年11月20日号
b0117993_21361735.jpg
b0117993_21384923.jpg


[PR]
# by bookcoverman | 2017-09-13 21:39 | なにぬねの

田村孝之介

たむらこうのすけ 1903年9月8日 - 1986年6月30日
大阪市生まれ。本名・大西孝之助。太平洋画会研究所、信濃橋洋画研究所に学ぶ。1926年二科展に初入選、戦後1947年二紀会創立に参加し、1952年初めてヨーロッパに渡る。

◯藤沢桓夫『横顔』輝文館、1946年10月25日再版、より
b0117993_07584027.jpg

b0117993_08081747.jpg

b0117993_08062829.jpg
b0117993_08063441.jpg


b0117993_17545526.jpg
b0117993_17545872.jpg



◯織田作之助『それでも私は行く』大阪新聞社 1947 装幀 挿絵
b0117993_13534759.jpg

b0117993_13535934.jpg

b0117993_13544786.jpg

b0117993_13545859.jpg

[PR]
# by bookcoverman | 2017-09-12 07:56 | たちつてと

海老原喜之助

えびはらきのすけ 1904年9月13日~1970年9月19日
鹿児島県鹿児島市生まれ。県立志布志中卒業後、上京してアテネ・フランセでフランス語を学びながら川端画学校で絵画を学び『自画像』を制作した。1923年(大正12年)に19歳で単身渡仏し、パリで創作活動をしていた藤田嗣治に師事。


◯柳亮『あの巴里この巴里』沙羅書房、1949年2月25日、より
b0117993_07441318.jpg
b0117993_07441606.jpg
b0117993_07442263.jpg
b0117993_07442430.jpg

[PR]
# by bookcoverman | 2017-09-12 07:49 | あいうえお